5月2日は八十八夜(千葉 コンサル)

query_builder 2023/05/07
ブログ
ダウンロード (3)


5月2日は八十八夜

八十八夜は雑節のひとつで、

立春を起算日として88日目にあたる。

 もともと、太陰暦をベースとしている

日本の旧暦では暦日と季節が最高で

半月もずれるため、

太陽暦をベースとした雑節として

起こり広まったものである。

 21世紀初頭の現在では

平年なら5月2日、閏年なら5月1日である。 

ウィキペディアより


八十八夜 と聞いて

夏もちーかづくはーちじゅうはーちーやー♪

 茶摘みのうたが


自然と出てきたのですが

歌詞忘れてしまい


調べました😆


〜歌詞〜


夏も近づく八十八夜


野にも山にも若葉が茂る


あれに見えるは
茶摘じゃないか


茜襷(あかねだすき)に菅(すげ)の笠



日和つづきの今日此の頃を、


心のどかに摘みつつ歌ふ
摘めよ 

摘め摘め
摘まねばならぬ


摘まにや日本の茶にならぬ



2番もあったんだ🤭

うたってみたら

思い出した❣️



歌詞の意味

茜襷(あかねだすき)とは、

茶摘み娘が方から掛けている

茜色(赤い色)のたすきのこと。


「たすき(襷、手繦)」とは、

和服の袖や袂が邪魔にならないように

たくし上げるための紐や布地のこと。


スゲ(菅)は、

カヤツリグサ科に属する多年生の草本で、

笠や蓑(みの)、

注連縄(しめなわ)などに

用いられる。



そうすると5月はこどもの日があったりで


・こいのぼり🎏

屋根より高いこいのぼーりー♪


・背くらべ 

はしらーのきーずはおととしのー♪



・夏は来ぬ なつーはきぬー♪


最後のここしか知らんけど😅


調べたら5番まであった🤭

ということで

茶摘みの新茶を飲もう🍵


今日の開運


1.新茶を飲む


季節の変わり目ということで

2.夏服の準備(衣替え)



3.新しいことをスタートさせる

大きな実りが期待できる

豊かに実りやすい



「八十八」を組み合わせると「米」という字になることや、「八十八」は末広がりで縁起がよいため、豊作祈願の行事や夏の準備を始める吉日とされていいるそうです。



関東はお天気も良くて
清々しい1日を過ごせそうですね❣️

今日もhappy❤️

NEW

  • 安藤徳光 って誰!

    query_builder 2024/04/02
  • 千葉発の楽しいマルシェ!(千葉マルシェ)

    query_builder 2024/03/19
  • 女子会気分でファッションと美容を満喫するランチ付きショッピングレッスンを開催(千葉 イベント)

    query_builder 2024/03/19
  • 借金200万円の中卒シングルマザーが、年商8桁になるまで(千葉 コンサル)

    query_builder 2024/03/19
  • 2024スプリングマルシェ

    query_builder 2024/03/05

CATEGORY

ARCHIVE